ゆるやかな時間

小さな男の子達とのささやかな日々、こころにうつる風景を綴っていけたら…と思っています。丁寧に日々を重ねられることを願いつつ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

かけがえのないコトバ  

4月27日で、2歳3ヶ月を迎えた息子。

身体の発達とともに、気持ちもより複雑化し、また言葉の数も増えることで、いろんなことを聞かせてくれるようになってきました。

その中で、息子ならではのコトバがあります。


「お月さま」→「おちまただ」

「ひぃおばあちゃん」→「あびばば」

「ごちそうさまでした」→「ごちごちた」

「(熱いから)ふうふうしてね」→「うわうわちてね」

「おさかな」→「おかさな」

などなど。

こんな息子ならではのコトバを織り交ぜ、お話しする息子ですが、成長とともに、正しい表現の言葉になりつつあります。

正しい音で表現される単語を身につけていくことは、成長として喜ばしいことですが、息子ならではのコトバが聞かれなくなるのは、正直なんだか少し寂しいような気もします。

幼き息子と過ごす一瞬一瞬が、かけがえのない時間で、過ぎ去った瞬間はもう戻ることのない、宝だなぁと感じます。


さあ、明日はどんな表情を見せてくれるかしら

どんなコトバを聞かせてくれるのかしら



今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
もしよろしければ、応援クリック、お願いいたします。
とても励みになっています。
ありがとうございます☆
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし
スポンサーサイト

category: 育児

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。