ゆるやかな時間

小さな男の子達とのささやかな日々、こころにうつる風景を綴っていけたら…と思っています。丁寧に日々を重ねられることを願いつつ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なにげない日々  

私の住む街は、梅雨とは思えない青空が広がっていますが、

梅雨のない北海道は、雨が続いているようですね。


さてさて、今週の、そして最後の妊婦健診も無事終了。

前回帝王切開だった私は、今回も予定帝王切開になるため、術前検査も終了。

あとは、来週の入院を待つのみになりました。

とは言いつつ、10ヵ月に入り、お腹の張りも強くなってきていて、緊急で…なんてことにならないか、

少しヒヤヒヤですが…。

この週末は、オットは仕事で九州(ちょっと心配…)

今は、一日、一日を無事何事もなく過ごせることが、何よりもありがたいことに感じています。

家族そろって過ごせた先週末も、特にどこへお出かけするわけでも、どんな美味しいお料理を食べにいくわけでも

ないのですが、みんなで家の隣の公園に行って、オットと息子がボール遊びをするのを見たり、

みんなでスーパーにお買い物に行き、リクエストにこたえるために食材を購入したり、

息子と包丁を使ってお料理したり、とりとめもないことを話しながら、みんなで食卓を囲んだり…

本当に、特にどうってことのない時間ですが、今はそんな時間が、ありがたく、またこれ以上のものは

ないように感じています。


正直、無事出産を迎えることができるのか、無事、新たな家族を迎えることができるのか、

時に不安の波に襲われることはあります。

ギリギリまで、気が抜けません。


無事、来週を迎えることができること、願いつつ...




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし








スポンサーサイト

category: 家族時間

tb: 0   cm: 0

11月のイルミネーション  

土曜日の朝から日曜日の朝まで、24時間連続勤務を終え、帰ってきたオット。

息子は、「おとうさんが、かえってきた!」と大喜び

午前中一緒に時間を過ごし、さてさて、お昼寝の時間。

息子を寝かしつけたあと、オットは、再びパソコンに向かい、家ですべき仕事をスタート。

私はと言うと…

私も、手術記録をまとめたり、学会発表の準備をしたり、論文を書いたり…

とすべきことがあるのに(特に、オペレコ!)、あぁせねばせねば、と心の中で

葛藤しつつ、オットのパソコンの音を遠くで聞きながら、結局息子の横で

眠りに落ちていたのでした

こうして、いつも先延ばし、ギリギリにしてしまう私。

・・・反省です(何度反省してきただろ…)


さてさて、夕方、3人そろってお散歩へ。

まだ11月も始まったばかり、と思っていましたが、街はもうクリスマスへと移り変わりつつ

あるようでした。


DCF00602.jpg



今年は、1時間に1度、このように変化するようです。


DCF00603.jpg




今年も、駆け足で過ぎていきます。

明日から、また新たな一週間ですね。

気温も下がるようですし、みなさま、お体大切にお過ごしください☆



・・・もう、寝てしまおうかしら。

それとも、ちゃんとオペレコを書いた方がいいかな・・・。





この場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
応援クリック、お願いします。
とても励みになっています。
ありがとうございます☆
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし






category: 家族時間

tb: 0   cm: 0

今週末は・・・  

先週末は・・・


skytree.jpg


そう、ここ、スカイツリーへ行きましたが、


今週末は・・・

tokyotower.jpg


そう、ここ、東京タワーへ行ってきました。

オットの妹さんがお仕事でいらしていたので、観光も兼ねて。

と言いたいところですが、実際は、息子の希望にお付き合いいただいた感じ。

その息子の希望とは


doraemon.jpg


そう、ドラえもんでした。

今、80周年の記念イベントをしているようで。

たくさんのドラえもんに出会えて、息子はニコニコでした

私は…歴史も含め、藤子F不二雄さんの世界観を味わいたかったのですが、

息子の背中を追いかけている間に終わってしまいました。

ふぅ。。。

でも、息子のあふれんばかりの笑顔を見ることができたので、よし、ですね。


1階に降りると、昆虫もみることができ、クワガタムシやカブトムシに、

興奮気味の息子でした。


ちなみに、展望台にはのぼらず。

それにしても、スカイツリーはできましたが、東京タワーの人気も落ちていないように感じたのは

私だけかしら。

あの、レトロな感じ、好きだな。


職場がかわり、東京での生活を始めたころ。

突然やってきた休日に、自転車で東京タワーのふもとまで行って、ただ見上げて、

そして、帰ってきた、そんな日を思い出しながら、お散歩しながら帰ったのでした。




更新のない間も、この場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
応援クリック、どうもありがとうございます。
とても励みになります。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし

category: 家族時間

tb: 0   cm: 0

週末時間♪  

久しぶりに、家族で過ごす週末が戻ってきた我が家。

前から話題になっていたスポットへ行ってみました。

そこは…


skytree.jpg


そう、スカイツリー。

オットが上ってみたかったんですって。

残念ながら霞んでいて、展望台から遠くを望むことはできませんでしたが、

それでも東京の街をとらえることはできました。

それにしても、こんな高さの建築物を建てるなんてすごいですよね!

特に、私はエレベーターで素晴らしさを感じました。あの速さ、振動のなさ、騒音のなさ、

すごいなぁと感じます。

世の中には、いろんな才能が溢れていて、それらに触れるたび、素晴らしさを感じます。


さてさて、そんなスカイツリーの展望台の上で、 息子が一言。


「ぼく、とうきょうたわーのほうが、よかったな。だって、ドラえもんにあえるもん。」







この場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
応援クリック、どうもありがとうございます。
とても励みになります。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし




category: 家族時間

tb: 0   cm: 0

家族時間、そしてきちんと伝えるということ。  

今夜は、久しぶりに家族3人そろっての夕食でした

このところ、ずっと私と息子二人きりの食事だった我が家。

なんだかどことなく、息子が寂しげに見えたので、オットの座席に、小さな小さな

ドラえもんを置いて、みんなで一緒にいただきます、をしていました^^;

ハヤシライスとサラダをかなりの量つくったのですが、みんなで食べる食べる。

さらに、デザートのメロンも、ぺロッでした。

やはり、みんなで楽しく食卓を囲むと、食も進みますね



いつ頃からかしら。

随分お話が上手になってきた頃から。

息子のお迎え時の質問は、

「きょうは、おとうさん、ぼくの おうちに くる?」

でした。

仕事の関係で毎晩は帰ってこないオット。

息子にとってみると、父親は家に帰ってくる、というよりも、時々家に来る、という

感覚だったのかもしれません。

そしてね、「今日はお仕事だから、残念だけど、お父さんは帰ってこないかな。」

と答えると、「いやだ」と言ったり、泣きべそかいたり、愚図ったり…

そんな時期がありました。

私に余裕があるときには、そんな気持ちを受け止めつつ、

ちゃんと状況を伝える努力をしようとできるのですが、

私も一日働いて疲れているときは、事実を伝えた後の、グズグズを受け止める

エネルギーを考えると、帰ってこない事実をはぐらかして、

夜いないのは、お仕事が長引いて、まだ帰ってきていないから、

朝目が覚めて父親がいないのは、仕事が長引いて帰ってこれなかった、

あるいは帰ってきたけど、また出て行ったから、ということにして、

多少疑問を感じても、日々は流れていき…、なんて流れの中で、

ごまかしちゃおうかしら…なんて思ってしまうこともありました

でもね、息子が寝る前に、オットに電話をして「おやすみなさい」を言うのですが、

その時に、息子がオットに帰ってくるかどうか聞くと、オットは必ず言うのです。

「こんやは、おとうさんは かえれないんだよ。お仕事があるんだよ。」と。

例え、息子が嫌がろうが、泣こうが、関係なし。

その後の気持ちをフォローする私の身にもなってよ、と一瞬胸をよぎるわけですが、

でもね、私も、本当は思うのです。

ちゃんと本当のことを伝えることは大切だよね、と。

彼が、「お仕事だから、帰れないよ。」

というと、息子は言います。

「どうして?」

と。

すると彼が、夜自分がしていること、当直業務は順番にまわってくることを

簡単な言葉で息子に伝えるのです。

そんなことを何回か繰り返していました。

すると…

最近は、オットの仕事のこと、夜遅かったり、帰ってこないこと、あるいは、

みんなで楽しく時間を過ごしていても、急に家を出て行ってしまうことがあること、

でも、息子のことは大切に想っていること、

そんなことを息子自身も少しずつわかってきたように感じるのです。

さらには、自分のことは自分でして、私のことを手伝ってくれる機会も増えてきました。

私の仕事を増やすお手伝いではなくて、本当に助かる形でのお手伝い。

3歳4ヵ月なりに、息子は息子なりに、いろんなことをがんばっていることを感じます。

そしてね、やはり、わかるわからないではなく、ちゃんと物事を伝えること、

ごまかさないことは大切だな、と。


今夜も、サラダは、息子がつくってくれました。

レタスをちぎって、ゆで卵をむいて、トマトを並べて…。


息子に言いました。

「ありがとう」って。

息子「なんのこと?」って。

私「全部ありがとう」

息子「??」

私「お父さんがいない時間が多いけど、お父さんのこと応援しながら、

  私たちも、お互い一緒にがんばろうね」

息子「なにを がんばるんですか?」

私「・・・(苦笑)
  
  そうですねぇ。日々を、日常を、今この時を、がんばりましょう」

息子「・・・」


若干トンチンカンな会話の、私達親子です。



オットは、食後、また勉強に行ってしまいました。

今頃がんばっているのかしら。

私も、学会発表準備、がんばろ。





この場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
こんな日々に、応援ポチッ、いただけると嬉しいです*^^*
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし

category: 家族時間

tb: 0   cm: 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。