ゆるやかな時間

小さな男の子達とのささやかな日々、こころにうつる風景を綴っていけたら…と思っています。丁寧に日々を重ねられることを願いつつ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

我が家夫婦の折り合い  

夫婦のバランスの次に書いた記事。

さぁ書き終えてアップしようと思ったところ、消えてしまった…

のですが、突然復元できたので、ここに記しておこうと思います。


  ・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日は、腹が立った記事、お付き合いくださり、ありがとうございました。

夫婦間のお恥ずかしい話ですよね。

まだまだ夫婦として未熟な私達。

その都度その都度、お互いにとってよき道を模索、開拓、構築、調整の連続です。

夫婦生活が続く限り、何年たっても、よりよきものを求め、この繰り返しなのかもしれません。

ただ、今回のイベントを過去のこととして流すのではなく、自分の中で抑え込むのでもなく、

少し洞察を深め、今後につなげることができたら、と思います。


さて、今回、私が一番腹が立ったこと、それはなんだったのかしら…

やはり、根底には、前々から約束していた私の願い(仕事)が叶わず、後から言いだした彼の仕事が

優先されてしまったこと、ということがあるように思います。

つまりは、不公平感かしら。

そして、彼がただひたすら謝り、自分を優先してくれたことへの感謝を述べ、そして福岡での仕事は

最低限でトンボ帰りしてきたら、まだ気持ちとしては、なんとかおさめられたのかもしれません。

なのに彼は、例えば、「講演する上司から、講演内容のスライドをもらっておけば、それでいいよね。」

というような言葉を言ったり(それでいいわけない!)、さらには、私に仕事を我慢させて、

子どものこともすべて任せた上で、一人福岡でプラスアルファの楽しみを持とうとしていることにも、

腹がたったのでしょう(自分だけ楽しむんじゃない!)。

彼の実家の件は、さらに問題が複雑化するので、それはまた別の機会に。

一時的に夫婦間の雰囲気は悪くなったものの、私の思いを伝え、最終的には彼から、

「いろいろごめんね。」

という、気持ちのこもった言葉をもらったので、まぁ、いいとしますか。


今回も表面化した、夫婦間にあるキャリアへの不公平感を払拭するためにどうするべきか、

考えました。

まず、今回の埋め合わせは・・・

アクセサリーを買ってもらう!

でも、

お洋服を買ってもらう!

でも、

ブランド品を買ってもらう!

でも、

美味しいディナーをおごってもらう!

でもなく、

今回もし、私が国際学会に通り、発表するチャンスを手にすることが出来たら・・・

その暁には、子ども達を連れて、一緒にアメリカまで来ていただきましょう。

そして、私が発表中は、子ども達の面倒をみること。

私が国際学会の場で、袋叩きにあってもがんばれ~とエールを送ること。

さて、交換条件として提示してみると・・・

彼からは、すんなりOKがでました。

自分もアメリカで少し仕事を入れてみようかな、と。

はてさて、どうなりますやら。

約束は、守られるのかしら。

いいえ、今度こそは、ゆずりませんよ。理解的な態度も示しません。

約束は、守っていただきます。

まぁ、何より、私の抄録は、無事通るのかしら・・・


春、私が本格的に復職して以降の夫婦間のバランス、公平性については、

その都度その都度、私たちなりのよりよい在り方を話し合っていくしかないなぁと思います。


夫婦のお恥ずかしいゴタゴタ、お付き合い、ありがとうございました




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし
スポンサーサイト

category: 感じ、考えたこと、思ふこと

tb: 0   cm: 0

夫婦のバランス  

今朝は雪の朝となりました

雪と言っても、年末年始過ごした北海道の雪と、質が異なるように感じます。


さてさて、一晩経っても、気持ちがしっくりこなかったので、blogに記すことにしました。

昨日は、私の上司が講演する夜でした。

私は、何ヶ月も前から、オットにその日は仕事の後、その講演を聞きに行かせてほしい、

という気持ちを伝え、オットに二人の息子をお願いすることにしていました。

その講演内容は、日々の臨床につながるだけでなく、学会発表内容にもつながるので、

どうしても聞きたかったのです。

ところが、年が明け、その日がだんだん近づいてきた頃、オットが、「九州での出張が入ったんだけど、

行ってもいい?」と言い出したのです。

「え??その日は、私が去年からお願いしていたよね。」

と私。

するとオットは、出張の意義を言いだしたのです。

九州の地で、人脈ができる。自分の今後の仕事の発展につながる。云々

「あなたの仕事のことはわからないので、最終的にはあなたの判断だけれど、

 いつもあなたのことを優先してきたし、たまには私も行かせてほしいんだけど…」

と、食い下がってみました。

すると、

「じゃぁ、九州に子どもたちを連れて行こうか?僕が仕事の間、九州の実家に預けておけばいい」

とのこと。

はぁ、もっと嫌。

「わかった。じゃぁ、お互いが仕事ができるように、その間預かってくれる人を探すよ。」

私はそういって、シッターさんを探したのでした。

でも、二つの保育園に子供を迎えに行って、そして、家に連れて帰ってきてくれ、夕食を食べさせてくれ・・・

という方は見つからず。

かなり高額なお金を出せば見つかったのでしょうが、オットの収入は4分の1。

私は育休手当のみ、の我が家には、経済的に難しい。

結局、私が断念したのでした。

さて、朝、オットが、「今日は空港まで飛行機で行こうかな。車で行こうかな。」

と悩んでいる様子。

その理由は、九州で飲み会なんかになったとき、電車だとお酒を飲んで帰ってこれるじゃない、ですって。

はぁ??

「いったい何時の飛行機をとったの?」

と聞くと、

「福岡22時台発」

その理由が、仕事での飲み会がなくても、地元九州の友人を誘って飲んでもいいし、

と言うので、私はどんどん腹が立ち、「こっちは出席したかった講演会も諦め、仕事を切り上げ、

子どもの面倒をみて大変なのに、あなたは随分お幸せな人なのね。」と嫌味を一つ。

そして、始まった一日でした。

さて、手術は混んでるし、合間の外来も長引き、学会準備もそこそこに病院を飛び出し、お迎えに。

結局二人目のお迎えは遅れる始末。

その間、オットからメールが。

「仕事が思いのほか早く終わったから、結局実家によることにしたよ(笑)」

とのこと。

その瞬間、私は

「そんな余裕があるなら、一刻も早く帰ってこい!!!!」

メールには、こちらの状況も大変なので、そもそも今回の経緯を踏まえ、仕事が終わったら、

チケットを変更してでも、すぐに帰って来るのが、私へのマナーではありませんか?

と書いたのですが…

結局、オットは深夜帰宅したのでした。

そして、今朝は早朝から福島の被災地へ。

明日明後日は、四国へ出張らしい。

全国を飛び回る生活に少し酔ってらっしゃる印象を受けたので、

「飛行機、新幹線で全国を飛び回るのは、かっこいいし、自分が社会の中で活躍し、

偉くなったかのような錯覚を覚えますよね。でも、もう少し、私とのバランスを考えてください」

と、今朝も嫌味なメールをしたのでした。

あぁ、腹が立つ。。。




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし




category: 感じ、考えたこと、思ふこと

tb: 0   cm: 0

人間関係  

息子達を寝かしつけ、一人お風呂でゆったり・・・

のはずだったけれど、次男が泣き出し、restart.

再度お風呂につかって・・・

お一人様の優雅なお風呂タイムのはずが、正直やはり気が重いのです。

復職2週目。

人間関係のことが頭をもたげてくるのは、しんどいものですね。。。

これも、人生勉強として、あるいは、自己鍛錬として、過ごすしかないかな。

普通にしていたら、何かがかわるかな。

・・・私の悪い癖。

この人、私に今マイナスのオウラを放っているな、と感じると、距離をとりたくなる。

良くも悪くも、その辺の感受性はピカイチで…

鈍感も時には大事ですよね。

あるいは、何であっても、笑顔で近づいていく強さかしら。


年上の女医さんのことを思うと、復職前からずっと気が重いけれど、

今週もがんばります。

目の前のことを一つ一つ。

丁寧に。

明日は、オペ、外来、そして、国際学会準備。

それにしても、彼女は突然どうして態度を硬化させたのかしら。

おっと、また考えている。

ダメだダメだ。

これから、洗濯物を干して、少し論文を読もう。




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし



category: 感じ、考えたこと、思ふこと

tb: 0   cm: 1

いよいよ明日。そして、涙。  

いよいよ、明日、復職となりました。

とは言っても、まだ段階的なものですが…。

早めの夕食をとりながら、寝かせておくと泣き、抱いた瞬間満面の笑顔になる次男を見て、

ふと涙があふれてきました。

あぁ、私は、こんな息子を預けて、仕事に行くんだって。

生まれてこのかた、誰に預けるわけでもなく、片時も離れず一緒にいた次男。

私を見ると、本当に嬉しそうな笑顔を見せてくれる。

私がどれほど疲れた顔をしていても、眠い顔をしていても、関係なく、ニッコニコ。

出産後、トラブルに見舞われたり、心配なこともあったけれど、でも、子どもと向き合い、

子ども中心の生活を送ってこれたこの半年は、幸せな時間でした。

ベースは、職場の女医さんとのことがあるのかしら。

これからが不安になって、涙が止まらなくなると、もう一人の自分の冷めた声が聞こえてきた。

だったら、働くのやめれば?

生後半年という、母親を必要としているとても小さな我が子を人に預けてまで、

無給で勉強というかたちでも、仕事に行こうとしているのは、あなた自身でしょ。

自分で選んだ道。

そこが険しかろうと何だろうと自分が選んだ道。

誰に言われたわけでもないのに、自分が好き好んで選んでるのに、何を泣いてるの?

と。


ただいま、22時20分。

上の息子の保育園の用意をして。

下の息子の一時保育の用意をして。

シャワーをあびて、洗濯物を干す。

それから・・・

どうしようかしら。

娯楽番組をみて、少し気分転換をする。

手術のテキストをみて、明日の手術の復習をする。

手術のDVDをみる。

あるいは、明日は婦人科で一番大きな難易度の高い手術だから、心身ともに万全の態勢で

望めるように、寝る。

どれがいいかしら。


涙の私に、「ま、細かいことは気にするな」という言葉を残して、オットは、

東日本大震災の被災地へ向かって出ていきました。

それぞれの立場で、がんばらねば。

明日が無事過ぎますように!


・・・久しぶりの手術。体はどこまで動くかな。。。




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし




category: 感じ、考えたこと、思ふこと

tb: 0   cm: 0

切り替え、気分転換の苦手な私(><)  

三連休2日目、いかがお過ごしですか?

我が家は、相変わらず、オットは仕事。

子ども達と、お散歩したり、お昼寝したり、のんびり過ごしております。

そんな時間、本当は、幸せな時間、なのでしょうが・・・

頭の中は、昨日書いたママ女医さんのことが占めていて・・・

ダメですね。

切り替え、気分転換の苦手な私です(><)

何か心配なことがあると、それが、ずっと心にあって、さらにそれが、心の中で

大きくなっていって、頭をもたげてくる。。。

できるだけ、小さな問題として捉えることができたら、あるいは、別の捉え方ができると、

少し気持ちも楽になれるのかしら。

例えば・・・

実際に働き出してみたら、彼女の態度も軟化するかも。

あるいは、病院内で、他の人間関係を構築できたら、彼女との関係は相対的に小さなものとなるから、

自分の中でも小さな問題と感じられるようになるかも。

・・・等々。

上司に、連絡しないといけないことがあるのですが、ついつい、彼女からの風当たりがきついのですが…

とぼやきそうになり、まだ連絡していない自分がいます。。。

はぁ、どうしたものか。

残り一日。

ふぅ。。。



拍手コメントを下さった、あ〇〇さんへ
温かなコメント、ありがとうございます。
あ〇〇さんの住まわれているところも、年末年始の病院は満床だったのですね。
救急隊泣かせ、ありますよね。。。
優しさについて。
上の子がまだ首も座っていなかった頃、抱っこしてニコニコする息子を見つめていた時、
この子に優しさってどうしたら、育めるのかしら、と感じたことがありました。
優しさ。
それは、伝えるもの、教えるものなのか。
あるいは、本人が感じ取るもの。
先天的に備わっているものなのか。
私が、息子たちに優しさを示せているのかは、正直わかりません。
まだまだ未熟な親なので…。
でも、息子のこと、優しさ、そんな風に言っていただけたのは、すごく嬉しかったです。
そして、そんな風におっしゃってくださる、あ〇〇さんこそが、優しい方なんだと感じました。




今日もこの場所を訪れて下さり、ありがとうございます。
   ↓

にほんブログ村 丁寧な暮らし




category: 感じ、考えたこと、思ふこと

tb: 0   cm: 1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。